Blog

メッセージ 

メッセージ

目次

メッセージ

こんにちは!ママのためのセラピスト、越山麻美(こしやまあさみ)と申します。
現在、4歳の娘と2歳の息子の2児のママで子育て真っ只中です(2人ともめんこいです♥)。

私はママたちが子育てしやすい世の中にするため、MAMAHaRuRu(ママハルル)を立ち上げました。

ママハルルとは「ママ晴るる」という意味で、『ママを晴れやかにしたい』という想いが込められています。

なぜ、ママなのか?
もちろん、私自身ママなので、ママの気持ちに共感しやすいという部分もありますが、ママの笑顔がこどもたちの笑顔につながると考え、ママのためでもあり、未来を担うこどもたちのためになる整体院を立ち上げたいと考えました。

私が思う「ママが晴れやかな気持ちで子育てするためのコツ」は、3つあります。


1.出産・育児の土台である身体をケアすること
赤ちゃんが生まれると、24時間×365日×数年の育児がノンストップで始まります。
肩こりや腰痛など身体に不調があると、赤ちゃんの授乳や抱っこも億劫になり、あんなに待ち遠しかった赤ちゃんのお世話が苦痛に感じることも…。
スムーズなお産をするためにも、身体のケアは妊娠期からがおすすめです(^^)

また、赤ちゃんにとってはママの身体が資本になるので、日頃からバランスの摂れた食事をすることも大切です。

2.健康な心でいること
はじめての出産や慣れない子育てによる不安…。
なかなか妊娠しない…。
妊活中、マタニティ期、産後など段階によってそれぞれ悩みは尽きないと思います。

とくに産後間もないママは、育児や家事に追われ、気づいたら数日誰とも話していないという状況になりがちです。悩みを一人で抱え込まないためにも、“気軽に話ができる存在”というのは必要です。誰かに話を聞いてもらうことで、不思議と心が軽くなったり、リフレッシュできたりして、また育児を頑張ろうという気持ちも湧いてきます。
また、意識的に自分の時間を確保することも大切です。

3.社会(家族以外)との関わりを持つこと
核家族が多い現代において、出産を機に孤立するママが増えています。
自分の時間の大半を家事育児に費やすことで、外出する機会も減り、社会とのかかわりも希薄になりがちです。
また、家事や育児は重労働のわりに評価されにくい現状もあります。
そんな中、自分の存在意義を感じなくなり、精神的にも辛いと感じるママも多いでしょう。私もその一人でした。

ママも一人の女性として、社会に貢献すること、やりがいをもつこと、自分らしい人生を送ることで、心身ともに健康でいられると信じています。


当院では、【ママの笑顔はこどもの笑顔】を合言葉に、整体師の枠を超えた目線で、これからのママやこどもたちを支えていけるような施術、環境づくりを考えていきたいと思っています。

晴れ晴れとした気分で子育てを楽しみたい方、自分の現状を少しでも変えたいと思っている方は、ぜひ当院へお越しください。
あなたの描いている未来を目指しましょう!

SHAREシェアする

一覧

HOME> ブログ >メッセージ